クルスクル村の学校

 

クルスクル村はコックスバザールの郊外へ1時間ほど行ったところにある、田園と川に囲まれた村です。

そこには学校の校舎がありましたが、学校そのものは閉鎖されていました。

 

かつてとあるNGO団体がこの学校を3年ほど運営していたのですが、それが打ち切られたのでした。

そこでGUCでは、古くなり壊れた机、椅子、黒板などを修復・新調し、5人の教師の給料(月7500タカ)および、学校運営を支援しています。

 

2008年1月17日より「クルスクル・ユニ小学校」として開校しました。
教師5人、生徒約100人です。

 

現在はラカイン族 の大人も使うことが少なくなってきているラカイン語を、この村でも教えてもらっています。

 

子どもたち

 

子どもたち

 

子どもたち