シリアへの支援

アースキャラバン2015では、ステキな出会いがたくさんありました!

お祭りの中、なんとも異国情緒あふれるブースがありました。
ダマスクスローズやジャスミンの香り、シリアのスイーツとお料理、奥にはヒジャーブを頭に巻いた女性が微笑んでいる・・・。

うーん、エキゾチック! アースキャラバンで味わう、国や文化が違っても心が通じる、嬉しい瞬間です。

この団体は、ハンドメイド品販売を通じてシリアの子供達・女性達の支援をされている「シリアンハンド」さん。アースキャラバン京都と東京に出店され、イスラム教代表として宗教者スピーチにも参加して頂きました。

本当は国も宗教も人の心を隔てるものではない、誰もがユニークでファニーで、子供達の明るい未来を願わずにいられない。そんな実感でつながり、広がっていく予感がしています。

「アレッポの石けん」、使ったことある方、聞いたことある方、多いと思います。
このアレッポ、実はシリアの都市なんです。

アレッポ城という7000年前からあるお城が有名ですが、内戦のいま訪れることは難しいのです。

たくさんのシリア難民、そして、国外へ退避することもできない方達、子ども達。
心配している方も多いと思います。

素敵なハンドメイド品の購入で、シリアの方達に直接の支援を!

シリアンハンドHP
http://www.syriahands.com
「難民の人よりもっと大変なのは、お金がなく国を出れず、今もシリアに暮らしている人達です。

aleppo neckleces

収益金は、シリア北部のアレッポ県にある小学校に教材費として、
また、シリア国内で活動している医療団体であるSEMAへ、
残りは女性たちに、生活費として寄付されます。」

シリア3 シリア2 シリア1 sema

「シリアンハンド」さんで扱っている製品の一部は東京タオサンガセンターでも購入できます。実際手に取ってみてください。

東京タオサンガセンター: 東京都中野区野方1-5-11 電話 03-3385-7558

image-150

記事:小林弘葵

 

 

Comments are closed.